【2022年5月最新】着物買取業者のおすすめランキング!口コミ評判の良い買取業者を徹底比較

着物の買取は専門知識が必要なため、しっかりと査定して欲しいところ。

着物を売ろうと思っても「どこで売ればいいの?」「いろいろな業者を比較してから決めたい」と、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

自宅に眠っている着なくなった着物は高額買取してもらえるかもしれません。

しかし、何も考えずに買取査定に出すと思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

本当に安心して査定依頼が出せる着物買取業者を選んで欲しいからこそ、当サイトが厳選しておすすめの着物買取業者をランキング形式で紹介します。

どの買取業者にすれば良いか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

着物買取業者ランキングの評価基準について

着物買取業者を公平に判断するため、以下のランキング評価基準を設けました。

ランキングの評価基準
  • 顧客満足度
  • 買取実績
  • 対応の早さ
  • 専門性

 
着物買取業者を選ぶときに重視したいのが、高く売れるかです。
満足度の高い取引があるかを判断するために「顧客満足度」「買取実績」「専門性」の3つの項目を用意しています。

また、迅速に買取を済ませるために「対応の早さ」も評価基準の一つです。

これらの評価基準をそれぞれ5点満点で、着物買取業者を評価します。

 点数 内容
5点★★★★★ 着物の買取業者として最高ランクの評価
4点★★★★  着物の買取業者として高いレベルの評価
3点★★★   着物の買取業者として可もなく不可もない評価

着物買取ならどこがおすすめ?上位5社比較ランキング

それでは早速、当サイトで厳選したおすすめの着物買取業者を紹介していきましょう!
着物の売却を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ザ・ゴールド

着物買取 ザ・ゴールド
評価総合評価 :★★★★★
顧客満足度:★★★★★
買取実績 :★★★★★
対応の早さ:★★★★★
専門性  :★★★★★
買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取対応エリア宅配は日本全国 ※出張の場合の対応エリアはこちら
手数料出張料、査定料、送料、キャンセル料すべて無料!
受付時間10:00~18:00
買取対象着物、帯、反物、着付け小物
運営会社株式会社マックスガイ
URLhttps://www.the-gold.jp/item/kimono/

ザ・ゴールドは、全国直営70店舗を構える買取専門店です。

出張買取や宅配買取は不安という人でも安心して着物買取ができます。
さまざまな資格を有した査定士が在籍しており、日本で数名のリユース着物の目利きも存在します。

また、出張買取では一人だとなかなかできないことを手伝ってくれるサポートを無料で利用可能です。
荷物の移動や掃除など困っていることがあれば相談してみましょう。

「安心して自宅に呼べる買取店」第1位にも選ばれています。

『ザ・ゴールド』のココがおすすめ
  • 女性スタッフが数多く活躍している
  • 全国直営70店舗以上
  • 10分無料のちょこっとサポート
\ 抽選で現金10万円プレゼント! /

2位:バイセル

着物買取 バイセル
評価総合評価 :★★★★
顧客満足度:★★★★★
買取実績 :★★★★★
対応の早さ:★★★★★
専門性  :★★★★
買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取対応エリア全国対応(持ち込みは東京本社のみの完全予約制)
手数料出張料、査定料、送料、キャンセル料すべて無料!
受付時間24時間365日
買取対象着物、帯、反物、着付け小物
運営会社株式会社BuySell Technologies
URLhttps://buysell-kaitori.com/kimono/

テレビCMでもお馴染みのバイセルも着物買取をしています。

4年連続で顧客満足度第1位を獲得し、利用者からの口コミも高いです。
どんなエリアでも申し込みから買取まで速く、とにかく早く査定してほしい人におすすめです。

また、バイセルは実店舗を持たずネットのみで買取をおこなっています。賃料や人件費をコストカットすることで、他社と比較して高額査定を出すことが可能です。

着物に詳しい査定員が在籍していることもバイセルの強みでしょう。

『バイセル』のココがおすすめ
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 着物買取で専門性の高いサービスNo.1
  • 通話料無料で24時間受付OK

3位:買取プレミアム

着物買取 買取プレミアム
評価総合評価 :★★★★
顧客満足度:★★★★★
買取実績 :★★★★★
対応の早さ:★★★★
専門性  :★★★★
買取方法出張買取, 宅配買取, 店頭買取
買取対応エリア全国対応(持ち込みは東京本社のみの完全予約制)
手数料出張料、査定料、送料、キャンセル料すべて無料!
受付時間24時間365日
買取対象着物、帯, 反物, 着付け小物
運営会社株式会社BuySell Technologies
URLhttps://kaitori-premium.jp/kaitori_kimono.html

買取プレミアムの特徴は女性の査定員が在籍していることです。

バイセルと同じ運営元の買取専門店ですが、バイセルがスピード重視に対して、買取プレミアムは安心で丁寧な査定をして欲しい人におすすめです。

また、他社では買取不可になるような状態の悪い着物でも積極買取しています。
証紙や落款がないなどの着物が手元にある場合は査定依頼をしてみましょう。

査定に出す前に無料で電話相談ができるのも買取プレミアムの強みです。

『買取プレミアム』のココがおすすめ
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を解消できる
  • 証紙や証明がなくても買取OK
  • 出張買取は受付から訪問までワンストップのサービス提供

4位:ウリエル

着物買取 ウリエル
評価総合評価 :★★★★
顧客満足度:★★★★
買取実績 :★★★★★
対応の早さ:★★★★★
専門性  :★★★★
買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取対応エリア全国対応(最短即日1点からOK)
手数料出張料、査定料、送料、キャンセル料すべて無料!
受付時間9:00~18:00
買取対象着物、帯, 反物, 着付け小物
運営会社株式会社クオーレ
URLhttps://www.uriel-cuore.co.jp/kimono/

着物の買取を安心してするならウリエルがおすすめです。

関東エリアの出張買取で「高価格買取満足度」「安心のスタッフ対応」「また利用したい買取店」の3冠を達成しており、安心して買取査定に出せます。

着物の査定は専門知識が必要ですが、ウリエルの査定士は徹底した研修を受講済みです。
査定力だけでなく接客力も兼ね備えた優秀な人材のみが査定してくれます。

全国各地で買取対応してくれるのはもちろん、手数料などの費用も発生しません。

『ウリエル』のココがおすすめ
  • 業界トップクラスの高価買取実績
  • 知識・経験豊富な査定員による安心査定
  • 状態の悪い着物でも無料で査定してくれる

5位:福ちゃん

着物買取 福ちゃん
評価総合評価 :★★★★
顧客満足度:★★★★★
買取実績 :★★★★★
対応の早さ:★★★★
専門性  :★★★★
買取方法出張買取、宅配買取、店頭買取
買取対応エリア全国対応(最短即日1点からOK)
手数料出張料、査定料、送料、キャンセル料すべて無料!
受付時間24時間365日
買取対象着物、帯、反物、着付け小物
運営会社株式会社REGATE
URLhttps://www.fuku-chan.info/

福ちゃんは600万点を超える豊富な買取実績が魅力です。

厳しい研修を受けた専門の着物査定員が在籍しており、正当に評価してもらえます。
ブランド品や作家物の着物を売却したという人は福ちゃんがおすすめです。

また、福ちゃんの強みは独自の販売ネットワークにあります。
定期的に着物市場を開催しており、全国の小売業者に販売しているからこそ、高価買取が可能です。

他社で断られた状態の悪い着物でも買い取ってもらえる可能性があります。

『福ちゃん』のココがおすすめ
  • 600万点以上の買取実績
  • 国内外に独自の販売ルートを持っている
  • 経験豊富な査定士がしっかりと着物を査定

高価買取してもらいやすい着物の特徴

着物にはさまざまな種類があり、その価値によって買取価格も大きく変わります。
ここでは、そのなかでも高額査定になりやすい着物の特徴を紹介します。

友禅・紬・上布などの伝統工芸品

友禅・紬・上布といった高級着物は、高額査定されやすいです。
高い技術によって作られており、経済産業省から伝統工芸品に指定されています。

友禅

友禅とは江戸時代から受け継がれてきた染色方法です。

繊細で絵画のようなデザインはすべて手書きで描かれています。
加賀友禅・京友禅・江戸(東京)友禅は「三大友禅」と呼ばれ、高額査定になりやすいでしょう。

高額買取を狙える友禅の種類
・京友禅 ・加賀友禅 ・江戸(東京)友禅 など

普段着としても着用されることの多い紬は、中古市場でも人気です。

地域ごとの特徴が反映されやすく、大島紬・塩沢紬・牛首紬は「三大紬」と呼ばれています。
証紙や落款の有無で買取額が大きく変わるので注意してください。

高額買取を狙える紬の種類
・大島紬 ・塩沢紬 ・牛首紬 ・結城紬 ・久米島紬 など

上布

麻を素材に織られた上布は、夏物の着物として利用されます。

生産技術が無形文化財に指定されている上布は高額査定が期待できるでしょう。
また、有名作家が手がけたものであれば、数十万円の値が付くこともあります。

高額買取を狙える上布の種類
・越後上布 ・能登上布 ・宮古上布 ・近江上布など

人間国宝など有名作家の着物

高額買取を狙える作家
・久保田一竹 ・由水十久 ・羽田登喜男 ・村上良子 ・喜多川俵二 ・宗廣力三 ・松井青々 ・柿本市郎 ・宗廣力三 ・久保耕 など

染めと織りで優れた技術の有名作家が手がけた着物も高額査定になりやすいです。

膨大な作業工程と時間をかけて作られた着物は数十万円から数百万円で販売されます。
大量生産される着物と比べて質が高く、価値のあるものとされています。

さらに、人間国宝とされる作家の着物は希少価値が高く、多少状態が悪くても高値が付きやすいです。
ただし、贋作も多いため証紙・落款の有無は査定で重要なポイントです。

人気ブランドの着物

高額買取を狙える人気ブランド
・銀座きしや ・山口美術織物 ・白山工房 ・尾峨佐染繍 ・誉田屋源兵衛 ・都喜ヱ門 ・千總 ・ゑり善 ・窪田織物 など

人気のあるブランド着物は中古でも高値が期待できます。

特に、老舗ブランドの着物は高額買取してもらいやすいでしょう。
古くからの伝統技術を守りながら、現代の流行も取り入れる「染織業者」や「呉服屋」が作る着物です。

また、金額がつきにくい素材の着物でも人気ブランドのものなら買取されるケースがあります。
査定時にはブランド価値を証明する証紙・落款も提出しましょう。

着物買取業者の選び方・注意点

安心してトラブルなく着物を売るなら、どの買取業者に依頼するかは重要です。
ここでは、買取業者を選ぶ際に確認したい5つのポイントを紹介します。

1.豊富な買取実績があること

まず買取業者選びで確認すべきことは、着物の買取実績です。

どれだけ有名な買取業者でも買取実績が少なければ安心できません。
豊富な買取実績があることは、着物に関する知識を持っており、適正な査定額を出してくれるでしょう。

公式サイトで掲載されている買取実績を確認してみてください。

2.手数料などの費用が発生しないこと

買取査定において、手数料が発生しないかどうかも注目すべきポイントです。

たとえば、宅配買取では段ボールや送料、出張買取では出張料がかかるかを確認しておきましょう。
手数料がかからない業者を選ぶと、手元に残る買取額が多くできます。

他にも、キャンセル料や振込手数料なども確認してください。

3.クーリングオフなどアフターフォローが充実していること

出張買取になると買取成約後、そのまま現金手渡しになることもあります。

しかし、業者が帰ったあとに「やっぱりキャンセルしたい」と思うかもしれません。
このような場合に備えて、クーリングオフ制度を設けている買取業者だと安心です。

また、お客様相談窓口などアフターフォローが充実しているかどうかも確認しましょう。

4.利用者の口コミや評判が良いこと

買取業者の信頼性を確認するのに、実際に利用した人の口コミは重要な判断基準です。

口コミサイトなどにある評判は、リアルな情報を集められます。
実際の査定結果をSNSで報告する人も多く、どのくらいで買取してもらえるのか参考になるでしょう。

また、買取価格だけでなく査定員の態度なども口コミから確認できます。

5.査定時に買取価格の根拠を教えてくれること

着物の買取査定では、数百万円で購入したものが数万円を提示されることがあります。

買取価格にはさまざまな理由があり、シミやシワなど着物の状態が悪ければ低く見積もられることも少なくありません。このときに根拠を教えてくれる買取業者を選びましょう。

なかには買取価格の根拠を教えてくれないところもあります。不当に安く買い叩かれないためにも、なぜその金額なのかを知ることは大切です。

着物の買取相場

着物の買取価格は状態などによって変わりますが、一般的な相場があります。
ここでは、着物の種類別におおまかな買取相場を紹介します。

【種類別】着物の買取相場一覧

着物の種類買取相場
振紬10,000~40,000円
訪問着10,000~30,000円
留紬12,000~20,000円
小紋2,000~5,000円
付け下げ2,000~6,000円
色無地3,000~5,000円
反物10,000~30,000円
浴衣500~2,000円
羽織200~500円
襦袢5,000円前後(正絹のみ)
銘仙500~4,000円
喪服300~2,000円
上布50,000~100,000円
打掛5,000~40,000円
1,000~60,000円
友禅20,000~150,000円
お召し1,000~2,000円
ポリエステル・ウール1,000~1,700円

【ブランド別】着物の買取相場一覧

老舗ブランドの種類買取相場
銀座きしや20,000~40,000円
山口美術織物40,000~70,000円
白山工房30,000~50,000円
尾峨佐染繍50,000~110,000円
誉田屋源兵衛20,000~40,000円
千總100,000~150,000円
都喜ヱ門30,000~50,000円
ゑり善30,000~50,000円
窪田織物30,000~70,000円

【作家別】着物の買取相場一覧

有名作家買取相場
久保田一竹150,000~450,000円
由水十久20,000~250,000円
羽田登喜男10,000~100,000円
村上良子100,000~300,000円
喜多川俵二30,000~150,000円
宗廣力三60,000~100,000円
松井青々20,000~180,000円
柿本市郎15,000~180,000円
宗廣力三60,000~100,000円
久保耕20,000~100,000円

【伝統工芸品別】着物の買取相場一覧

産地の種類買取相場
大島紬30,000~50,000円
塩沢紬15,000~50,000円
牛首紬30,000~50,000円
結城紬20,000~100,000円
久米島絣20,000~100,000円
越後上布50,000~70,000円
能登上布20,000~40,000円
宮古上布30,000~100,000円
近江上布10,000~60,000円
加賀友禅15,000~90,000円
京友禅5,000~50,000円
江戸(東京)友禅70,000~150,000円

帯の買取相場一覧

帯の種類買取相場
丸帯5,000~20,000円
半幅帯2,000円前後
名古屋帯3,000~5,000円
袋帯~200,000円

和装小物の買取相場一覧

和装小物の種類買取相場
帯留め500~300,000円
帯締め500~6,000円
帯揚げ500~2,000円
帯巻枕10~100円
草履100~500円
足袋10~500円
コーリンベルト10~100円
羽織紐10~100円
扇子100~500円
着物バッグ100~5,000円
巾着100~500円
風呂敷100~500円
かんざし1,000~5,000円
ふくさ100~500円

着物の買取方法

着物の買取方法は「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つです。
それぞれどのような特徴があるのか、どんな人におすすめなのかを紹介します。

出張買取

出張買取の流れ
  1. 出張買取の申し込み・予約
  2. 査定員が訪問し着物を査定
  3. 査定結果に納得したら売買契約
  4. 買取金額の受け取り

出張買取とは、査定員に来てもらい、その場で査定・買取してもらう方法です。

持ち運びの手間がかからず、すべて自宅で完結できるのがメリットです。
買取業者によっては申し込みから即日で対応してくれるところもあります。

ただし、買取業者によっては出張範囲が限られているため注意が必要です。

着物の出張買取はこんな人におすすめ
  • 手間なく手物を売りたい人
  • 売りたい着物の量が多い人
  • 自宅に他人を呼ぶことに抵抗がない人

宅配買取

宅配買取の流れ
  1. 宅配買取の申し込み
  2. 宅配キットの受け取り
  3. 着物の梱包・発送
  4. 業者から査定額の連絡
  5. 査定額に納得したら売買契約
  6. 指定口座に買取金額が振り込まれる

宅配買取とは、売りたい着物を買取業者に発送し、買取査定してもらう方法です。

梱包に手間がかかるものの、査定員を自宅に呼ぶのに抵抗がある人でも安心して利用できます。
買取業者によっては段ボールや送料を負担してくれるところもあります。

キャンセル時の手数料や返送料が必要なのかも確認しておきましょう。

着物の宅配買取はこんな人におすすめ
  • 対人でのやり取りが苦手な人
  • 仕事や育児で出頭買取が利用できない人
  • 出張買取のエリア外に住んでいる人

店頭買取

店頭買取の流れ
  1. 店舗に着物を持ち込み・受付
  2. その場で査定開始・買取金額を提示
  3. 査定結果に納得したら売買契約
  4. 買取金額を受け取り

店頭買取とは、店舗に着物を持ち込んで、買取査定してもらう方法です。

時間と手間がかかりますが、即日で買い取ってもらえるのがメリットです。
また、目の前で査定員がチェックするので、疑問をすぐに解決できます。

着物の量が多くなると持ち運びが大変なので、出張買取や宅配買取を利用しましょう。

着物の店頭買取はこんな人におすすめ
  • 近くに着物の買取店舗がある人
  • すぐに現金化したい人

着物の査定額に影響する6つのポイント

着物の価値を決定づける要素以外にも、査定で見られることがあります。
ここでは、着物を高く売るために知っておきたい6つのポイントを紹介します。

1.着物の状態は査定額に大きく影響する

着物を買い取ってもらううえで、保存状態は重要なチェック項目です。

新品や未使用の着物はそれだけで高額査定が期待できます。
中古の着物でも、カビ汚れやシミ・シワがあるのとないのとでは買取金額に大きな差が生まれるでしょう。

以下に当てはまる着物は査定額が下がる可能性があります。

  • カビが生えている
  • 襟のあたりが変色している
  • シミやシワが遠目からでもわかる
  • タバコや汗のニオイが残っている

これらの汚れがある着物はクリーニングに出す必要はありません。
しかし、買取査定に出す際は、たとう紙に包んだり粘着ローラーで埃を取り除いたりするのがおすすめです。

2.高額査定を狙うなら着物の素材は重要

着物の生地にどの素材が使われているのかも買取査定では重要項目です。

さまざまな素材が使われている着物ですが、高額査定が期待できるのが正絹(しょうけん)です。
これは蚕を原料とした絹100%の天然素材です。

ただし、正絹はシミやカビが発生しやすい素材でもあります。
状態が悪ければマイナス査定になるため、できる限り早めに買取依頼することをおすすめします。

素材別におおまかな買取相場を確認しましょう。

素材の種類買取相場
正絹~100,000円
~1,000円
木綿~1,000円
化繊・ウール~1,000円

買取金額が付きにくい木綿やウール素材の着物でも、人気ブランドの作品であれば、高価買取になることもあります。あきらめずに査定に出してみてください。

3.着物の格が高いほど高額買取されやすい

着物の格が上がるほど買取価格も高くなる傾向にあります。
大きく「礼装」「準礼装」「盛装」「普段着」の4種類に分類され、それぞれの種類は以下のとおり。

格式着物の種類
礼装着喪服・本振袖・打掛・黒留袖など
準礼装着訪問着・色留袖・振袖・色無地など
盛装着付け下げ・小紋・絞り・晒・無地の紬など
普段着紬・ウール&ポリエステル・絣・浴衣など

格式の高い礼装着がもっとも査定額が高いと思うかもしれません。
しかし、着用機会が少なく需要が低いことから、買取価格は低くなってしまいます。

準礼装着に位置づけられる着物は高額査定が期待できるでしょう。

4.証紙・落款はブランドや作家物の証明になる

ブランドや作家物の着物は証紙・落款の提出が必須です。

人気作家が手がけた着物になると贋作も多く出回っており、本物かどうかの見分けが難しいです。
証紙・落款がなければ、買取額が大きく下がることもあります。

たとえば、証紙には以下の内容が記されています。

  • 産地の登録商標
  • 織元(製造元)
  • 伝統工芸品マーク織り方(機械織り/手織り)
  • 原料名(絹100%など)
  • 染め方(泥染めなど)

証紙・落款がなくても偽物と断定されるわけではありません。
しかし、買取査定の際に提出できれば「この着物は価値がある」と判断できる材料になります。

5.サイズが大きい着物はプラス査定になりやすい

着物のサイズや丈の長さも見逃せないチェック項目の一つです。

丈が長くサイズの大きな着物は体型を選ばずに着られるメリットがあります。
中古の着物でも需要があるため、サイズが大きい着物は買取額が上がりやすいです。

また、外国人のレンタル需要が増加している背景もあります。
大きさの目安として160cm以上の着物であれば、買取価格のアップが期待できるでしょう。

6.派手な色柄の着物はマイナス査定になりやすい

買取査定で重要なのが需要と供給がマッチしているかです。

たとえば、現代において普段使いで着物を着て出歩く人は少ないです。
ただでさえ珍しい着物に派手な色柄の着物は悪目立ちするため、中古市場でも人気がありません。

基本的に洋服と並んで違和感のない色柄の着物が好まれます。
明るめの淡い色で作られた着物であれば、高額査定が期待できるでしょう。

着物を高価買取してもらうためのコツ

買取業者に出せば高額査定が期待できますが、高く売るためのコツは他にもあります。
1円でも高く買取してもらうために、知っておくべき4つのポイントを紹介します。

1.査定前のクリーニングはNG

査定で少しでも状態を良くするためにクリーニングに出そうとしていませんか?

しかし、査定前のクリーニングはNG。

ご家庭で何年も着物をタンスにしまっていると、シミやカビなどの汚れが発生することもありますが、クリーニングに出すと着物がさらに傷んでしまうことも。

また、着物専門の高級クリーニングもありますが、こちらを利用してもクリーニング代より買取額がアップすることはないので、そのまま出すのが正解です。

2.たとう紙に包んでおく

着物を包むためのたとう紙ですが、湿気や保管シワから着物を守ってくれます。

たとう紙はほぼ無料で手に入れられるだけでなく、購入時に付属していることがほとんどですし、もし必要なら呉服店でも安価で購入可能です。

ただし、たとう紙の効果は時間の経過とともに薄れるため半年に一度交換することはもちろん、虫食いの原因となる薄紙は捨ててください。

また、たとう紙は価値の証明になることもあるため、着物と一緒に査定に出しましょう。

3.季節の花を意識して買取査定に出す

四季のある日本では古くから季節を大切にしています。
着物も例外ではなく、季節によって生地だけでなく、柄や色も変えてきた文化があります。

たとえば、美しい花々が蕾を開かせる春の着物は、桜・藤・牡丹が代表的です。

いくら桜の花がキレイな着物でも、違う季節に着ることはありません。

季節を意識して着物を買取査定に出すことでプラスの査定を受けられるかもしれません。
季節ごとに旬と言われる色や柄などを事前に調べておきましょう。

4.複数の業者に査定依頼して相見積もりを取る

着物を少しでも高く売るなら、複数の業者で相見積もりを取りましょう。

業者によってブランド品や作家物の着物を積極的に買取しているところもあれば、状態が悪くても高額査定をしてもらえるところもあります。

面倒ではありますが、複数の業者を比較して買取額を上げることは売買において常套手段でもあるので、「買取額をとにかく上げたい!」という人におすすめです。

まとめ

着物を安心して売るなら、信頼のある買取業者を選ぶことが大切です。

「とにかく高額査定を出すところ」と口コミを確認しない人もいるでしょう。
しかし、悪徳な買取業者と契約してトラブルに巻き込まれるかもしれません。

着物の買取業者を選ぶなら、以下の4つを確認しましょう。

  • 豊富な買取実績があること
  • 手数料などの費用が発生しないこと
  • クーリングオフなどアフターフォローが充実していること
  • 利用者の口コミや評判が良いこと

そして、これらすべてに当てはまるのが買取専門店の『ザ・ゴールド』です。

着物買取 ザ・ゴールド

「少しでも高く売りたい」「信頼できる買取店を利用したい」という願いをかなえてくれるので、これから着物を売ろうと考えている人は、ぜひ査定依頼してみてください。

\24時間年中無休で受付中!/